パートナーの呼び方

普段何気なく使っている言葉の語源って面白い。

「マツコ&有吉の怒り新党」で二人が夏目ちゃんに、彼氏/夫が彼女を第三者に紹介する際に何て呼ばれたいのか?
という質問に「家内」と応えた夏目ちゃんに対して「お前どうせ家入んないだろう!!」と返すマツコデラックス。

番組自体にはテロップが出ているので「家内」って語彙に、「家の中にいる人」という意味がそもそもがあることを、今回字面をみるまで気がつかなかった。

そこで配偶者を指す言葉を思い浮かべてみた。
家内、女房、妻、嫁、奥さん、奥様、奥方、連れ合い、かみさん、かーちゃん、伴侶、正室、細君、パートナー、ワイフ…etc

もちろん、本人達の年齢や立場、また紹介する相手によっても呼び方わ変わるものの、思い浮かべただけで結構出てくるものです。
ただ、実際の日本語としての意味はそれぞれで、

  1. (多く手紙文の中などで)自分の妻(つま)のことを他人にいうときに用いる語。
    ※〔配偶者の意〕夫婦や恋人などが、互いに、相手を呼ぶ称。男女ともに用いた。

  1. 息子と結婚した女性を親の側からいう語。息子の妻。
  2. 結婚する相手の女性。

女房

  1. 妻。自分の妻のことをいう場合に多く用いられる。
  2. 女性、また愛情の対象としての女性をいう。中世・近世の用法。
  3. 宮中に仕え、房(=部屋)を与えられて住む女官の総称。出身階級によって上臈・中臈・下臈に大別される。また、院や諸宮・貴人の家などに仕える女性をもいう。

細君/妻君

  1. 親しい人に対し、自分の妻をいう語。
  2. 同輩以下の人の妻をいう語。

パートナーを指し示す言葉として一括りにするには意味も多岐にわたる。
既に「奥」を意味する呼び名は形式上の言葉となり、
もしかすると、いつか別の言葉に取って代わられるときがくるのかも。
 

最後に、「うちのかみさんが、」でお馴染みのコロンボ刑事の笑顔でしめさせていただきます。
それにしても、数多あるパートナーを指し示す言葉として「かみさん」と日本語翻訳した方は天才だな。
その一言からキャラクターの人となりや家庭でのパートナーとの関係などが推測できる。
多くを語らずとも、ただその一言でなんとなく分かる。日本語の面白さがそこにはある。

広告