【図解】これだけクリアーすれば企画はとおる(はず)

Tumblrで廻っていた岩波書店さんの「本がとどくまで」の企画の一幕。
企画書作成のプロセスで「嘘でもいいからこう書いてね」という吹き出しに、このページつくった人の立場や想いを勝手に想像するのでした。。

編集のスタートは、企画です。これがないことには何も始まらないのは、言うまでもありません。では、企画が思いついたら、それで安心なのか。それがそうではないのです。ここからが、やり甲斐というか、腕の見せどころというか、「やるんじゃなかった」というか……。
 ともあれ、企画は誰かと共有しなければなりません。フリーランスならば、出版社の編集者を口説くわけですし、社員編集者ならば、社内の編集企画会議を通すということに、努力するわけです。その実際を限りなく実態に近い、モデルケースで紹介してみましょう。
 「こんなに素晴らしい企画なのに、なぜほかの人はわかってくれないんだ!」ということは、企画が斬新であればあるほど起こりがちですから、あの手この手を編集者は使います。しかし、会議の相手も編集者が多い。虚々実々の闘いが待ち構えています。
 会社の――というよりは人間というものの前例主義をどう切り抜けるか、その足どりをご覧ください。

広告